社内預金はすごくお得なんですね!

【※当サイトは楽天アフィリエイト・Amazonアソシエイト広告を利用しています】

社内預金申し込み書 マネーライフ

社内預金はビジネスマンでお金(マネー)が貯められない人に一番お得である

日本の普通銀行の金利、ATM送金の手数料を考えるとため息がいっぱい溜るのって自分ひとりだろうか?

なぜなら、金融機関へ預けたお金(マネー)をATMで出したり、入れたり、送金するのですが手数料が高い。

月給さえも、1000円アップすることだって、望めない日本の社会が先進国でG7だというの笑えるはず?

さっさとG7などは辞退し、先進国の看板を下ろして、溜まりに溜って払う借金を早く弁済して!

けれども、政治家が好きなみたいにしても、先進国を変えようと選挙に行かない国民ばかり。

社内預金は、積み立て預金中ではダントツに利率がいい

社内預金の利率は500倍

社内預金は従業員の福利厚生の一環とし考えられますので、一般の銀行と比べて金利が高いわけです。

社内預金の利率に対しては、労働基準法第18条第4項の規定に基づく省令で、下限が0.5%(2021年調べ)。

下限が0.5%であるため、会社ごとには1%、2%と、それ以上の金利を付けているものもあるのです。

バブル時代の金利は8%、9%で預かってもらえる会社も見られました。

そういうわけで、100万円、200万円といういくぶん大きな金額のお金を預けるつもりなら、0.5%それ以上の金利で預かってもらえる銀行も見られますが、1万円、2万円というような小さい金額の積立で0.5%以上の金利をつけてもらえる銀行(金融機関)なんてないです。

ひょっとして、あなたが勤務している会社に社内預金の制度が備わっているなら「幸運だ!」であると考えて絶対にフルに活用が良いと思います。

社内預金と一般銀行の利率が違う所は?

100万円を預けると考えて、

社内預金 0.5% 5,000円
定期預金 0.01% 100円
普通預金 0.001% 10円

社内預金と普通預金と比較すると利率は500倍なんです。

社内預金は金利が良いだけじゃありません

給料から自動で毎月一定の金額が天引きが行われ貯蓄されるからこそ、忘れぽい、グウタラな人だって積み立て忘れるということがなくて、気がつかない間にお金(マネー)が貯まることだと考えます。

ですが、お得な預金だから預ける金額の上限は決まっています。

この上限額は会社ごとに違いますから、確認することが必要です。

けれども、気になることだってあります。

社内預金はあなたが退職・会社が破たんしたら?

社内預金は任意加入ですから、会社であったり会社が任せる金融機関が管理していきます。

お金(マネー)は申請することでどんな時も引き出し可能な手軽さがあげられます。

けれども、今高い金利がついていたとしても、会社の方針で金利が下限の0.5%まで下げてしまうとか、辞職したり、退職したら解約しないといかなかったり、労働基準法では退職時には請求から7日までに本人に全額返金しないといけないのです。

会社の倒産である場合によっちゃ、貴重な積立が戻ってくることがないかもしれないので、その点は気をつける必要があります。

社内預金のメリット・デメリット

加入を行なうかそうでないのか思い悩んでいる人は、ご覧ください

社内預金のメリットは高金利と貯蓄のシンプルさ

金利(利率)が抜群

社内預金のメリットの1つは、大手の都市銀行の普通預金の利率(0.001%)や、定期預金の利率(0.002%)と比べて高金利だということ。

下限利率は0.5%だが、会社ごとには5%前後を配しているところもある。

例えば、社内預金の利率が0.5%の会社で、年収400万円の人が毎月3万円あたりで、年2回のボーナスという時はその上10万円あたりで預けていた場合、金利は2,800円になって、年間で562,800円貯蓄するという考え方ができるわけです。

貯蓄を苦手とする人でもサボることなく貯まる

給与から自動で天引きしたお金(マネー)は、あなたの口座とは違う口座に貯金されるので、使いこんでしまうこともなく100パーセント貯金することができるのです。

無駄に出費しちゃうことがあり得る人は、用いたほうが問題ないと言えます。

社内預金デメリットは貯蓄先としての不安定さ

社内預金は経営の状態に基づきは制度の廃止もありえる

会社の経営状況次第では、金利が下限利率となる0.5%まで落ちてしまうことが考えられるばかりか、場合によっちゃは社内預金制度そのものが廃止になることも考えられます。

廃止が決定すれば、雇用者にそれから先の対応において公開されます。

廃止ならば、社内預金制度に代わる福利厚生としては、財形貯蓄制度導入といった措置がとられるかもしれません。

社内預金は倒産したら戻って来ることがないということも

会社が倒産したら、時と場合によっては社内預金が戻ってこないかも知れません。

滞納の給与や賞与は民法308条で「先取特権」が認識されているから優先的に払われるのですが、社内預金は「任意で会社に貸し付けているお金」といった取り扱いですから優先順位が下がります。

会社には社内預金の損失を守るために保全措置義務が課せられていますけれど、できるならリスクを回避する目的のためにも、社内預金に給料の大部分を預けてしまうことでなく、はっきり言って預け先の一つということで活用しましょう。

社内預金についてのQ&A

社内預金の引き出し方は?

社内預金は会社ごとに手続きが違ってくるため、引き出し方につきましては、福利厚生の担当者や総務担当者に質問します。

また、出金してもらうタイミングも会社ごとにいろいろあります。

出金の手続きその先は遅れることなく返金することが義務付けられているが、当日に払い戻してもらえるとは限定できないため、突然にお金が必要なときなどは気をつけましょう。

積立金額が教えてほしい際には?

社内預金の積立金額を教えてほしい際も会社ごとに確認方法が違うはずです。

社内預金における説明手引書というものを役立たせるか、福利厚生の担当者や総務担当者に質問します。

給与明細に記されるのは、天引き金額だけであることがほとんどです。

半年であるとか1年に1回、社内預金の残高証明書が手渡されるところも見受けられます。

社内預金まとめ

社内預金とは、会社が給与より天引き行ないお金を預かる制度ということです。

社内預金制度に加入申請する際は、仕組みをしっかりと考えた際に、預け先の一つと考えて活用することが大事です。

タイトルとURLをコピーしました